Jenkins

開発の自動化を促進するJenkinsをセットアップする

TECH
中津川 篤司

CI(Continuous Integration。継続的インテグレーション)という言葉も一般的に用いられるようになってきました。CIサーバとして有名なのがオープンソース・ソフトウェアのJenkinsです。今回はこのJenkinsをCloudGarageのインスタンスにセットアップしてみます。 利用するディストリビューション 今回はUbuntu 18.04を用いています。16.04でも操作は変わらないはずです。 必要なスペック Installing Jenkinsによると、メモリ256MB、ストレージ1GBが最低限のスペックとなっています。推奨としてはメモリ1GB以上、ストレージ50GB以上となっています。CloudGarageのインスタンスであれば特に問題ないでしょう。 Jenkinsのインストール インストール作業はInstalling Jenkinsに書いてあるコマンドを実行するだけなのですが、デフォルトではJavaが入っていないためにエラーが出ます。 # sudo apt-get install jenkins Reading package lists... Done Building dependency tree Reading state information... Done : See "systemctl status jenkins.service" and "journalctl -xe" for details. invoke-rc.d: initscript jenkins, action "start" failed. ● jenkins.service - LSB: Start Jenkins at boot time Loaded: loaded (/etc/init.d/jenkins; generated) Active: failed (Result: exit-code) since Fri 2018-11-23 20:47:40 JST; 11ms ago Docs: man:systemd-sysv-generator(8) Process: 2359 ExecStart=/etc/init.d/jenkins start (code=exited, status=1/FAILURE) Nov 23 20:47:40 jenkins systemd[1]: Starting LSB: Start Jenkins at boot time... Nov 23 20:47:40 jenkins jenkins[2359]: ERROR: No Java executable found in current PATH: /bin:/usr/bin:/sbin:/usr/sbin Nov 23 20:47:40 jenkins jenkins[2359]: If you actually have java installed on the system make sure the executable is in the aforementioned path and that 'type -p java' returns the java executable path Nov 23 20:47:40 jenkins systemd[1]: jenkins.service: Control process exited, code=exited status=1 Nov 23 20:47:40 jenkins systemd[1]: jenkins.service: Failed with result 'exit-code'. Nov 23 20:47:40 jenkins systemd[1]: Failed to start LSB: Start Jenkins at boot time. dpkg: error processing package jenkins (--configure): installed jenkins package post-installation script subprocess returned error exit status 1 Processing triggers for ureadahead (0.100.0-20) ... Processing triggers for systemd (237-3ubuntu10.3) ... Errors were encountered while processing: jenkins E: Sub-process /usr/bin/dpkg returned an error code (1) このエラーが出る場合はJavaをインストールしましょう。実行のみのJREで大丈夫です。 # sudo apt install openjdk-8-jre -y この後、再度インストールを実行します。これは公式サイトに書かれているコマンドを実行すればOKです。 wget -q -O - https://pkg.jenkins.io/debian/jenkins.io.key | sudo apt-key add - sudo sh -c 'echo deb http://pkg.jenkins.io/debian-stable binary/ > /etc/apt/sources.list.d/jenkins.list' sudo apt-get update sudo apt-get install jenkins 初期セットアップ http://インストールしたインスタンスのIPアドレス:8080 にアクセスすると初期セットアップがウィザード形式で進められます。特に問題ないと思いますが、最初に /var/lib/jenkins/secrets/initialAdminPassword に書かれた内容をパスワードとして使います。これをコピーしておきましょう。 ~# cat /var/lib/jenkins/secrets/initialAdminPassword 2cf...869 後はウィザードに沿って進めていけばOKです。 まとめ CIではコードを取得してビルドしたり、テストを実行するのでストレージが高速であるとそれだけ速くテストを行えるでしょう。CloudGarageのインスタンスにはぴったりな使い方と言えそうです。ぜひ試してみてください!

CloudGarageにおけるOSイメージ管理 〜 Ansible,Serverspec,Jenkins

TECH
インフラ開発チーム

CloudGarage上で提供しているOSイメージはAnsible,Serverspec,Jenkinsといった管理ツールを利用しています。クラウドインフラ開発チームがその管理方法について紹介します。

ページトップへ