機能拡張

【チュートリアル動画】Plesk オプションの利用方法

動画・自由研究
セッションチーム

皆さん、こんにちは。 CloudGarageセッションチームです。 2018/9/19にCloudGarageは新たな機能として、アプリケーションイメージに「Plesk」を追加しました。 「Plesk」は、Plesk社が提供する世界140カ国、38万サーバーの稼働実績を誇る有償のソフトウェアです。GUI(画面操作)でコマンドを必要とせずあたかもPC操作のような感覚でクラウドを利用することができます。このイメージを選択することでPleskを数クリックで立ち上げることが可能になります。 今回はそのPleskオプションの利用方法をチュートリアル動画にて制作しましたので、ご覧くださいませ。 https://www.youtube.com/watch?v=_O1SumDKOz8 これからも皆様のお役に立てるようなチュートリアル動画を追加していきたいと思います。 ご利用に際しご不明な点などございましたら弊社サポートまでご連絡くださいませ。 お問い合わせ┃CloudGarage 今後ともCloudGarageをどうぞよろしくお願いします。  

WebDAVを使ってみよう

TECH
テクニカルサポート

apache2.0環境であれば、WebDAVの設定は簡単です。 スマホアプリはWebDAV対応の物が結構あるので、ちょっとしたファイル置き場に便利です。 今回はDigest認証を使用していますので、Windows(7,Vista)の「ネットワーク接続の追加」での利用は出来ません。 ■環境 CentOS5.8 ■WebDAV用ディレクトリ作成 # mkdir /var/www/webdav # chown apache:apache /var/www/webdav ■apacheモジュール確認 # egrep "dav_module|dav_fs_module" /etc/httpd/conf/httpd.conf LoadModule dav_module modules/mod_dav.so LoadModule dav_fs_module modules/mod_dav_fs.so mod_davと、mod_dav_fsがコメントアウトされていることを確認してください。 ■apacheのconfig作成 # vi /etc/httpd/conf.d/webdav.conf -------------------------------------- Alias /dav /var/www/webdav <Directory /var/www/webdav> DAV on SSLRequireSSL Options Indexes IndexOptions Charset=UTF-8 AuthName EX-CLOUD AuthType Digest AuthUserFile /var/www/admin/.htpasswd Require valid-user </Directory> <IfModule mod_rewrite.c> RewriteEngine on RewriteCond %{SERVER_PORT} 80 RewriteRule ^/dav(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R,L] </IfModule> -------------------------------------- DAV on ・・・ WebDAVを有効化 SSLRequireSSL ・・・ SSL接続以外受け付けない Options Indexes ・・・ ファイルリスト表示を許可 IndexOptions Charset=UTF-8 ・・・ ファイルリスト表示の日本語文字化け対策 AuthName EX-CLOUD ・・・ 認証名を適当に設定 AuthType Digest ・・・ Digest認証を利用 AuthUserFile /var/www/admin/.htpasswd ・・・ パスワードファイルを設定 Require valid-user ・・・ パスワードファイル内のユーザ全てを使用 リライトでPort 80で/davにきたアクセスをhttpsに向けています。 ■apacheの再起動 # /etc/init.d/httpd configtest Syntax OK # /etc/init.d/httpd restart configtestでSyntax OKが確認出来たら、apacheを再起動してwebdav.confを反映させます。 ■ユーザ作成 # htdigest -c /var/www/admin/.htpasswd EX-CLOUD username Adding password for username in realm EX-CLOUD. New password: Re-type new password: realmはwebdav.confのAuthNameと同じにしておきます。 usernameは任意の物を入れてください。 以上でWebDAVの設定は終了です。 では、定番のiPhoneアプリGoodReaderでファイルのやり取りをしてみます。 ■GoodReader GoodReader for iPhone - iTunes - Apple GoodReader > Web Downloads > Connect to Servers WebDAV Serverをタップします。 Readable Titleはこの接続に付ける名前なので、任意の物を入れてください。 他は設定した物を入れて、saveをタップしてください。 作成された接続をタップしてください。 SSL証明書のエラーが出ますが、暗号化はされていますので、Always trustをタップしてください。 これで、WebDAVとGoodReaderの接続は完了しました。 GoodReaderからアップロード・ダウンロードが自由に出来ますので、色々な使い方が出来ると思います。

ページトップへ