CloudGarage
[機能アップデート]

CloudGarage Public API の提供を開始しました!

CloudGarage
CloudGarage開発チーム

こんにちは。CloudGarage 開発チームです。 本記事はCloudGarage Advent Calendar 2018の6日目の記事です。 昨日はryosms さんの「DAPを利用してCockroachDBのクラスタを作ってみてる話」でした。 DAP のご利用ありがとうございます! DAP についての詳細はこちらをご覧ください(宣伝です)。 明日はCloudGarageセッションチームよりベンチマークテストの結果を掲載いたします。乞うご期待! 本日、ユーザーの皆様から熱くご要望をいただいていたPublic API の公開を開始しました! そこで、本記事では提供しているAPI の一つ、「インスタンス作成API」(以下、本API)について解説したいと思います。 本API を利用することでコントロールパネルを経由せずにインスタンスの作成が可能になります!便利!!! はじめに はじめに、Public API のご利用方法についてはFAQ を参照ください。 提供しているAPI の一覧はCloudGarage API リファレンスを参照ください。 本API について 本API のアクセスURI や指定できるパラメータについてはCloudGarage API リファレンスを参照ください。 CloudGarage API リファレンスにサラっと書いてありますが、 コントロールパネル経由でのインスタンス作成とは多少仕様が異なっている部分があります。 - 契約ID を指定しないでインスタンス作成が出来る この点が一番大きい違いではないでしょうか。 CloudGarage プランを契約しているユーザーさんは本API 呼び出し時に契約ID(contract_id)をリクエストに含める必要はありません。 contract_id を省略した場合、指定したspec のインスタンスが作成可能な契約を自動的に検出してインスタンス作成を行います。 CloudGarage プランを持っていない、あるいは、インスタンスが作成できるリソースの容量が残っていない場合は400 Bad Request を返却します。 BOX プラン、WPH プランの契約を利用したい場合はcontract_id の指定は必須です。 - BOX プラン、WPH プランの契約を利用した場合はスペックは自動で決定する BOX プラン、WPH プランの契約を使用する場合は自動的に商品に基づいたスペックの値を利用します。 そのため、本API 呼び出し時にスペック(spec)をリクエストに含める必要はありません。リクエストにspec オブジェクトを含めている場合は無視されます。 たとえば、本API 実行時に「BOX5/4GB プラン」の契約を利用した場合は「CPU 3 Core / Memory 4GB / Disk 150GB」のインスタンスが作成されます。 - WPH プラン、Welcart 専用プランの契約を利用した場合は専用のイメージを自動で使用する WPH プラン、Welcart 専用プランの契約を使用する場合は自動的に専用のイメージを利用します。 そのため、本API 呼び出し時にイメージのUUID(image_id)をリクエストに含める必要はありません。リクエストにimage_id を含めている場合は無視されます。 - ユーザがアップロードしたISO イメージではインスタンス作成は出来ない 本API で指定できるイメージはCloudGarage で提供しているイメージ、あるいは、インスタンスのバックアップイメージのみとなります。 VNC コンソールでのインストール作業が必要となる理由から、アップロードしたISO イメージはご利用いただけません。 ご不便をおかけしますが、ISO イメージを利用したインスタンス作成に限っては従来どおりコントロールパネル経由での操作をお願いいたします。 - その他 リクエストパラメータのcontract_id とspec オブジェクトの両方が指定されていない場合は400 Bad Request を返却します。 使ってみる では、実際に本API を利用してインスタンスの作成にチャレンジしたいと思います! まずはToken を発行します。 インスタンス作成に利用するイメージのUUID をhttps://api.cloudgarage.jp/images を呼び出して取得します。 今回はCentOS 7.5 64bit のイメージを利用します。 - CloudGarage プランを利用してインスタンスの作成を試す まずはシンプルにcontract_id を指定せずにスペックを指定してインスタンス作成を行ってみます。 本API が正常に完了すると作成したインスタンスのUUID がレスポンスとして返ってきます。 インスタンス情報も併せて確認してみると無事に作成が出来ました! 念のためコントロールパネルも確認すると、きちんとCloudGarage プランとしてインスタンスが作成されています。 - BOX プランを利用してインスタンスの作成を試す もう一つ、今度はBOX プランを利用してのインスタンス作成を行ってみます。 先ほど作成した一つ目のインスタンス作成時のリクエストとの違いは、spec オブジェクトを指定せずにcontract_id を指定しています。 コントロールパネルを確認すると、BOX プランの契約でインスタンスが作成されています。 インスタンスのスペックはプランのサイズに準拠しています。 - 接続許可設定を指定してインスタンスの作成を試す 最後に、接続許可設定も指定してインスタンスを作成してみたいと思います。 リクエスト用に以下の内容でjson ファイルを用意し、そのファイルを利用してインスタンス作成を行ってみます。 コントロールパネル経由でインスタンスの情報を確認すると、リクエストのports オブジェクトに指定した内容に基づいてインスタンスに接続許可設定がされています。 おわりに いかがでしたでしょうか? 本API を利用する事でこれまでよりも気軽にインスタンスを作成出来るようになったのでは無いでしょうか? 特に、一度に同じようなスペックのインスタンスを複数台調達したい!というシーンに遭遇した方にとっては「もっと早く提供してくれれば良かったのに・・・」と思われる機能かもしれません。 今後の展望として、Public API 経由でのスケールアップ・ダウンや、インスタンス設定の更新などの操作もできるように機能拡充をしていく予定です。 この機能をPublic API 化して欲しい!という要望がございましたら気軽に「#cloudgarage」タグを付けてツイートしていただいたり、公式Twitter アカウントまでご意見を頂戴できればと思います! また、Public API を利用していただいた感想もどしどしお待ちしております! 今後ともCloudGarage をよろしくお願い申し上げます。 CloudGarage 開発チームでした。

新機能グローバルIPアドレス付け替え機能を試す

CloudGarage
中津川 篤司

CloudGarageの新機能として、グローバルIPアドレス付け替え機能が追加されました。これまでインスタンスを立ち上げるたびにグローバルIPアドレスが変わってしまっていたのですが、インスタンスとIPアドレスを切り離すことで別なインスタンスに付け替えられるようになります。 操作が若干特殊な気もしますので、この記事では概念と使い方について解説します。 インスタンスとグローバルIPアドレスは1対1 まず知っておきたいのがインスタンスとグローバルIPアドレスの関係です。これは1インスタンスに一つIPアドレスが割り当てられます。つまりインスタンスとIPアドレスは常に1対1の関係にあります。 これを切り離し、インスタンスとIPアドレスを別々にできるのが付け替え機能の基本になります。 操作としては、インスタンス詳細画面でIPアドレスが書かれているところにある鉛筆マークをクリックします。 そしてIPアドレスを使用しないとします。つまりIPアドレスの割り当てがなくなりますので、外部からアクセスする手段がなくなります。 IPアドレスを変更する 次に別なインスタンスでも同様にIPアドレス編集ダイアログを表示します。そうすると、先ほど切り離したIPアドレスが確認できます。 これで別なIPアドレスを割り当てられます。 インスタンスを削除した場合 インスタンスを削除すると、IPアドレスも自動的にインスタンスと切り離されます。そのため、残ったインスタンスのIPアドレス編集ダイアログに削除したインスタンスのIPアドレスが表示されます。 解放されたIPアドレスは自由に割り当てられます。 使いどころ IPアドレスは一つのインスタンスに一つしか割り当てられません。IPアドレスを外すとインターネットからはアクセスできなくなりますので、別なインスタンスを経由してLANを通してアクセスすることになります。データベースサーバのように、別なサーバからの利用が想定されている場合はグローバルIPアドレスがない方がセキュアといえるでしょう。 逆にインスタンスを頻繁に立ち上げ、削除している場合にはIPアドレスを割り当て直したいケースもあるはずです。そうした時にはインスタンス同士のIPアドレスを変更することができます。 まとめ CloudGarageでは月額固定料金を掲げており、追加料金を払ってIPアドレスを自由に払い出すという形ではありません。あくまでも契約の範囲内で、立ち上げたインスタンスに割り当てられたIPアドレスを変更できる仕組みになります。 とはいえ、不要な時には落としておくようなインスタンスにおいても、立ち上げた際には同じIPアドレスが使えるといったメリットはあるでしょう。皆さんの開発に役立ててください。

【新機能追加】スケールアップ・ダウンが可能に。

CloudGarage
セッションチーム

いつもCloudGarageをご利用いただきありがとうございます。 この度、多数のご要望にお応えして、「スケールアップ・ダウン機能」を追加いたしました。 スケールアップ・ダウン機能 CloudGarageでは、作成済みのインスタンスをコピーして処理するインスタンス数を増やす「スケールアウト」を従来よりご利用いただけますが、今回のアップデートにより、インスタンス数を増やすのではなく、インスタンス自体のリソース(メモリ・CPU・SSD)を拡張、縮小することができるスケールアップ・ダウン機能が追加されました。コントロールパネルからの操作で簡単にインスタンスのスペック(メモリ・CPU・SSD)を個別に変更することが可能です。 ※仕様上、SSDはスケールアップのみご利用可能です。スケールダウンはできませんのでご注意ください。 ※ISOイメージから作成したインスタンスではスケールアップ・ダウンはご利用いただけません。(2018/8/2現在) スケールアップ・ダウン機能の利点としては、例えばデータベースを利用したウェブサービス構築する場合に、初期は最小スペックのインスタンスで利用を開始して、アクセスが増えた際に後からメモリスペックを増強することで、インスタンスが逼迫する度により大きな別のインスタンスにデータの引越しをする必要がない点があげられます。これにより、サービス運用の工数を大幅に削減することができます。また、キャンペーンなどで一時的なインスタンスのリソース不足の際に、CPUだけスペックをアップしたりメモリだけスペックをアップすることもできますので、お客様の用途にあわせてより柔軟なクラウド利用ができるようになります。 4月にリリースされたプラン変更と今回のスケールアップ・ダウン機能の2つにより、インスタンス導入時のサイジングで悩む必要はありません。導入後のインスタンス稼働状況に応じてクラウドを自由に必要なサイズに変更することができますので、ぜひご活用ください。 以上、機能追加について簡単に説明させていただきました。 コントロールパネル操作手順 スケールアップ・ダウン機能 操作手順 1.「インスタンス」ページから対象の「インスタンス名」をクリックしてください。 2.「インスタンス情報」内の「スケールアップ・ダウン」をクリックしてください。 3. パネル上でご希望のスペックを選択し、「変更する」をクリックしてください。 4. 内容をご確認のうえ「変更する」で完了です。 以上となります。 今後とも、CloudGarageをよろしくお願いいたします。

【新機能追加】ご利用中プランの無停止変更が可能に。

CloudGarage
セッションチーム

いつもCloudGarageをご利用いただきありがとうございます。 この度、多数のご要望にお応えして、リソースプールプランに「ご利用中プラン無停止変更機能」を追加いたしました。   ご利用中プラン無停止変更機能 これまでのCloudGargeでは、一度使い始めたプランのリソースが不足しそうな場合、上位プランをご購入いただき、インスタンスデータをお客様ご自身の操作で新たなプランに移設する必要がありました。 今回追加されたプラン変更機能により、お客様は4GBプランから64GBプランまで、インスタンス無停止で必要なサイズのプランに変更することができます。 当初は小さいプランで契約して後で大きなプランに無停止で変更できるため、導入時のプラン選定についてのストレス軽減につながります。今回のプラン変更機能の追加により、より自由度の高いサービスとなりました。ぜひご活用ください。 ※皆様からご質問いただいた点につきまして、公式サイトFAQに追記いたしました。貴重なご意見ありがとうございます。 CloudGarage┃FAQ - サービスと契約について コントロールパネル操作手順 コントロールパネルから簡単に変更できます。 ご利用中プラン変更 操作手順 1.「インスタンス」ページから対象の「プランID」をクリックしてください。 2.プランの利用状況が表示されます。ご確認のうえ「プラン変更」をクリックしてください。 3. 変更先プランをご選択のうえ「購入する」で完了です。 今後とも、CloudGarageをよろしくお願いいたします。

ページトップへ