イベント・勉強会
[参加レポート]

エクスクラウドのスタッフが参加したイベントのレポート

MTDDC MEETUP HOKKAIDO 2018レポート

イベント・勉強会
takano

MTDDC MEETUP HOKKAIDO 2018 本名のイニシャルがMTなので、Movable Typeの申し子といっても過言ではないはず(過言)、セッションチームの高野です。初の北海道上陸となり、緊張のあまり前日の食事も喉を通りませんでしたよ。。。 あー!お客様ー!困ります!あー!ほっけで!お刺身だなんて!そこにイクラのどぶづけだなんてー!あー!!お客様ー!!! pic.twitter.com/BzNIrvw6FN— supo.from賛否両論 (@supo48000) 2018年6月8日 北海道は札幌、真夏の暑さと聞いていましたが、薄雲かかる空の下、北の大地の涼しさを満喫しつつ、MTDDC MEETUP HOKKAIDO 2018に、CloudGarageはブース出展してまいりました! (中村さん、広島のイベントレポートまだですか?) 某ロックバンドさながらの超絶Coolなポロシャツを来たスタッフの皆様と一緒に、CloudGarageもブースを組み立て。。。 MTDDC Meetup HOKKAIDO 2018 スタート直前風景! 開場間近、着々と準備が進んでます! (スタッフシャツが超かっこいい・・・) CloudGarageブースにもぜひお立ち寄りください!#mtddc #CloudGarage pic.twitter.com/MFPw2q9A4k — CloudGarage (@CloudGarage_PR) 2018年6月9日 新入社員も紹介させていただきました(もうすぐ誕生日)。 スポンサーブースで可愛い子頂きました! #mtddc pic.twitter.com/ZL1PWiMj9F— 海老庵🦐 (@evian) 2018年6月9日 超充実!セッションの一部をご紹介! そして今回の楽しみとしては、セッションの充実っぷり。 Movable Typeガチ勢から「MT?ナニソレおいしいの?」勢まで、プロフェッショナルな方々のセッションが終日行われます。今回は自分が参加できた一部をメインにご紹介させていただきます! ┃コンテンツが活きる CMS と情報設計 / シックス・アパート株式会社 取締役CTO 平田 大治 氏 https://speakerdeck.com/hirata/mtddc-meetup-hokkaido-2018-keynote?slide=1 Movable Typeの提供元、シックス・アパート株式会社の取締役CTO 平田氏の基調講演です。 シックス・アパート社とMovable Typeの変遷から、Movable Type 7で目指したところなど、興味深いお話でした。HTML黎明期を直で体験してる方の重みのある言葉を聞けました。 2013 → 2018の変化 ■ステークホルダーの変化  ウェブマスター、更新担当、デザイナー、コンサルタント…様々なレイヤーがウェブに関わるようになった。 ■データの多様性  かつてはテキストのみだったウェブ上のデータが、画像、動画、svgなど多様化してきた。 ■アウトプット先の多様化  デスクトップPCのみから、モバイル、アプリ、DBなどにアウトプット先も多様化。MFIの実装。 言われてみて改めて納得しました。レスポンシブとか考える必要無い時代もありましたね…(筆者はその頃は格闘ゲームの一撃必殺コンボのことしか考えてませんでした。) 特に「ステークホルダーの変化」によるCMSへの要求の変化は大きいように思います。「基本的に情報やコンテンツはカオス、きっちりとした情報、コンテンツばかりとは限らない」点とあわせて、考慮を重ねてリリースされたMovable Type 7の今後が楽しみです。詳細の説明もありましたが、続く長谷川氏のお話にて触れさせていただきます。 ┃Movable Type 7 のすべて / シックス・アパート株式会社 Movable Type プロダクトマネージャー・リードエンジニア 高山 裕司 氏 Movable Type 7 のすべて from Yuji Takayama 2018年5月16日に提供開始されたMovable Type 7の詳細について語っていただきました。 ■「ブログ」という言葉を「サイト」に統一し、コンテンツタイプ単位での管理に変更。 「MT7、ブログやめたってよ」 衝撃のCMSブログやめる宣言いただきました。 ■ユーザーインターフェイス刷新 Bootstrap4 をオリジナルカスタマイズしたデザイン。すっきりしてます!(スライド参照) スタイルガイド公開中ですのでご興味ある方はこちらから。 MT7 スタイルガイド : MT7 Styleguide ■「コンテンツフィールド」「コンテンツタイプ」「サイト」 今までのMovable Typeとは用語が刷新されていますが、「情報設計でやることは大差ない」とのことで、根幹は既存のMTをベースに、より自由度の高い設計ができそうです。 概要としてはこんなかんじで。。。詳細についてはスライドをご参照ください。 注意点としては、現状は既存MTからのデータ移行はできず、新規サイト作成時に利用できる点。こちら含めた改善は、2019/4Qまでロードマップが引かれており、「オリンピックまでアップデートし続ける」と笑顔で語っておられました。MT7アップデートとオリンピックを心待ちに、2019年までの日々を過ごそうと思います。 ┃SVG is on your side. / 株式会社まぼろし CCO 松田 直樹 氏 デザイナーさんから、.svgファイルで納品をいただくことが増えてきた昨今、「SVG初心者いじめんなよ、泣くぞ」と涙をためていた自分にはありがたすぎるセッションです。SVGというワードを初めて聞く方にもわかりやすいセッションでした。 SVGとは ■XML文書である(!) ■=HTML内に直接書くことができる。画像読み込みより軽い(!!) ■=CSS、JavaScriptでの効果、アニメーションが適用できる(なんだってーーー!!!!!!) スライド5枚目くらいでもう目から鱗でした。 さらに後半ではJavascriptによるSVGアニメーションの作り方をレビュー。 Illustraterレイヤーからの説明で大変わかりやすかったです。 SVG = Super Very Good (スライド引用) 個人的な感想としては何よりスライドがおしゃれ&おもしろかったですw 是非ご一読を。 ┃デザイナーも知っておきたいシステム思考入門 / 長谷川 恭久 氏 長谷川 恭久 氏 https://speakerdeck.com/yhassy/dezainamozhi-tuteokitaisisutemusi-kao-ru-men?slide=1 デザイナーと冠していますが、万物に通じる課題解決の思考法についてお話しいただきました。 ■システム思考とは 一つの原因が一つの結果を生み出していると考えがちだが、実際は複数の原因が絡んで結果につながっているが、原因と結果は一直線ではなく複雑な「システム」。それを分解して、課題解決の優先順位を見つけやすくする思考法 まとめて書いてしまうと小難しいですが、例えば お菓子を食べすぎ→太る・・・から、お菓子を減らしてやせよう。 ではなく ストレスが多い→お菓子を食べすぎてしまう→太る・・・から、ストレスの原因を解決しよう。 といったプロセスでしょうか。長谷川さんのお話しが素晴らしかったので、スライドをご覧いただいたほうがわかりやすいかと思います。デザインやUIに絡めて具体例でわかりやすく説明していただき、明日にでも実践したくなる内容でした。 断腸の思いで聞けなかったセッションもご紹介 2部屋で同時開催だったので体が足らず…orz スライドをアップしていただいてますのでご紹介させていただきます! ※Web上でスライド資料が見つけられなかったものについては割愛させていただいております。ご了承ください。 #mtddc 本日「Adobe XD+Photoshop+Illustratorで、過去資産を活かした新ワークフローを目指す!」を受講してくださった皆さま、ありがとうございました!スライドはXDのプロトタイプとして下記に公開しており、サンプルとヘルプへのリンクがコメント欄に入れてあります。https://t.co/HbSllbEvuU— Akiko Kurono (@crema) 2018年6月9日 昨日のセミナーの講演資料です。「ころばぬ先のテクニカルディレクション 」https://t.co/nzUMiQdlf3#mtddc— 西畑一馬@to-R (@KazumaNishihata) 2018年6月10日 先日行われた #MTDDC Meetup HOKKAIDO 2018に、登壇&出展してまいりました。ブースセッションでは、代表の宮永が #Lighthouse に関する内容をお話させていただきました。スポンサーブースでは、製品紹介や #クイズ を行いました。https://t.co/SXh6VCQXFu— アイデアマンズ (@ideamans) 2018年6月12日 北海道のみなさまありがとうございました🍣#MovableType_net は制作者様向けの評価ライセンスもご提供していますので、ぜひおためしいただければと思います(・v・)🍀札幌から #MTDDC がTwitterトレンドに! MTDDC Meetup HOKKAIDO、お疲れ様でしたの巻 [ほぼ週刊SA]https://t.co/n6AFr9eaA2— movabletypenet (@movabletypenet) 2018年6月12日 #MTDDC のスポンサーセッションでもとりあげたGoogleの新しいツール「#Lighthouse」をつかっての自社サイト検証結果を公開。国内上場企業の3,000社以上のサイトをLighthouseでチェックしてみました。https://t.co/ypkmBMGsU7— きちくさん (@_ki_ku_chi_) 2018年6月13日 おわりに クロージングでは実行委員長 西山氏による、プレゼント争奪じゃんけん大会を経て、閉幕となりました(MTTDCシャツほしかったorz) じゃんけん大会を経てクロージングも滞りなく、一旦本編終了です!ご来場・ブースお立ち寄りいただいた皆様、ありがとうございました!懇親会をお楽しみください! #mtddc #CloudGarage pic.twitter.com/oVjYbtGRvw— CloudGarage (@CloudGarage_PR) 2018年6月9日 本編クロージングと懇親会で、じゃんけんに勝ってしまった!めちゃうれしい!活用します!!! #mtddc pic.twitter.com/EzNFsih7JC— きー坊 Classic ASP なう (@jnkykn) 2018年6月9日 盛りだくさんの内容で思ったより長文になってしましましたが、あっという間の一日でした! 最後になりましたが、実行委員会、スタッフ、協賛の皆様、内容の濃い楽しいイベントをありがとうございました! Movable Typeの今後に期待を膨らませながら、次回も楽しみにしています! それではまた! 北海道ほっけのサイズが異次元であることがわかる。。。そう、iPhoneならね... pic.twitter.com/gFpqJr3yZi— supo.from賛否両論 (@supo48000) 2018年6月8日 松尾...ありがとう...それ以外の言葉が見つからない...#mtddc pic.twitter.com/fPHi6MBFtF— supo.from賛否両論 (@supo48000) 2018年6月9日

WordCamp Osaka 2018に参加してきました!

イベント・勉強会
takano

みなさんこんにちは、スジ焼きと串カツと551蓬莱があれば生きていける、Webディレクターのタカノです。 初のWordCamp参加です。前日は緊張で夜も眠れず、ひたすらにネギ焼きを貪り食うしかできませんでした。 真夏日和の6/2、WordCamp Osaka 2018が関西大学梅田キャンパスにて開催され、CloudGarageセッションチームもGoldスポンサーとして参加させていただきました!ブースの様子から注目セッションまで、大盛況だった当日の模様をレポートします。 大盛況スポンサーブース 盛況すぎぃ! https://twitter.com/wordcamposaka/status/1002743569428312066 WordPressカルトクイズが開催されたり↓ https://twitter.com/wordcamposaka/status/1002733344314937345 コーヒーがあったり↓ https://twitter.com/wordcamposaka/status/1002747464326131712 スイーツがあったり↓ https://twitter.com/wordcamposaka/status/1002761869239595008 「ここで生涯を過ごせるのでは…?」と快適空間で赤福をムシャムシャしつつ、CloudGarageブースにてたくさんのお客様とお話させていただきました。WordPressホスティング限定クーポン他、ノベルティが空になるほどのご来訪、ありがとうございました! https://twitter.com/CloudGarage_PR/status/1002765625133953025 当日セッションの一部をご紹介! セッションフロアではWordPressの第一線を担う有意義なセッションが満載! 身一つでは足りませんでしたが、拝聴できたものをご紹介させていただきます。 - Google 検索最新情報 2018(WordCamp版) by金屋武明氏 - Google検索エヴァンジェリストの金屋武明氏から、検索エンジンの最先端情報を聞くことができました! 御本人の希望によりセッション資料は非公開ですが、端的にまとめると↓のようになります。 【MFI】 MFI=モバイル ファースト インデックス Google botのクロールが、PCサイトからモバイルサイトを主軸に巡回するようになるよ!というお話でした(ざっくり)。 具体例でいえば、「PCサイトに文字列は検出されたけど、モバイル端末で検索するとレスポンシブ表示で省略されてしまい、必要な情報が見つからない。」といったケースがなくなります。制作サイドとしては、必須な情報は全ての端末で表示されるよう、ページ構成の配慮が求められそうです。 詳細は公式ブログをご参照ください。 Google ウェブマスター向け公式ブログ: モバイル ファースト インデックスを開始します 【NewSearchConsole】 Webディレクター御用達!SearchConsoleが新しくなりました!(2018年1月リリース) 個人的にはデータ参照できる期間が最長90日間→16ヶ月間になった点にお世話になってます。「去年のこの時期どのくらいっだったっけ?」というデータを見たくても、CSVダウンロードがめんどくさくて挫折する日々よ、さようなら。(怠惰 こちらも詳細は公式で。 Google ウェブマスター向け公式ブログ: 新しい Search Console をご紹介します 【SpeedUpdate】 2018年7月から、ページ読み込み速度を検索順位に反映するルールが追加されます。「致命的に遅い場合は検索結果に影響する」というものであり、早ければ早いほど上位に表示されるというわけではないです。 Google ウェブマスター向け公式ブログ: ページの読み込み速度をモバイル検索のランキング要素に使用します そのほかChrome拡張機能のLightHouseなど、ディレクター垂涎のお話が満載でしたが、文字数の都合で割愛させていただきます。気になる方は以下からの最新収集をご確認ください! 検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド - Gutenbergで変わるWordPressエディタのカスタマイズ by岡本秀孝氏 - 後述のContributer Sessionでも登壇されていた、Gutenbergコアコントリビューターの岡本秀孝さんによる、Gutenberg最新情報です。 「Gutenberg??ああ、昨日食べたよアレ。」などと世迷い言をほざきながらGoogle検索して肖像画を眺めるレベルのイージーユーザーですが、概要と開発近況を聞くことができました。 変更点の根幹は、カスタマイズする手段が、PHP+カスタムフィールド から JavaScript+Reactに 変わることです。これまで以上の自由度でエディタを編集できる一方で、JS/Reactの習得が必須になります。先行してガイドが公表されているので、気になる方は目を通しておくと良さそうです。 Gutenberg Migration Guide なお、「Classic Editor」なるプラグインをインストールすれば現行と同様のエディタも使えるので、JavascriptもReactもわかんなくても大丈夫です。WordPressライトユーザーにとってはありがたい話です(´人`) - Contributer Pannel Discussion - 予定されていたセッションが中止となり急遽、第一線で活躍されてるContributerの皆さんによるディスカッションが開催され、その動機やメリットを話してくださいました。 共通して「直接の報酬ではなく、最新情報・語学力・技術力などを得ることができた」とのことで、有意義な活動内容と、日々のご活躍をうかがうことができました。 WordPressに限らず、オープンソースの開発に対して無償で貢献する方々がどんな動機で取り組むのか興味があった自分としては、そのモチベーションの一端を聞けて非常に有意義でした。いただいたアドバイスとしては、「フォーラム上でどんどん質問・回答してほしい。みんなで盛り上げてほしい。」とのことでしたので、皆様どんどん盛り上げていきましょう(筆者はビビリなので控えめにいく所存) フォーラム: WordPress への貢献と参加 « サポートフォーラム 自分が聞けたセッションは以上ですが、公式サイト・SNSアカウントからもスライド、当日の様子等ご覧いただけます。ぜひご確認ください! 公式サイト:WordCamp Osaka 2018 公式Twitterアカウント:WordCamp Osaka おわりに スポンサー枠として参加した身ですが、ブースにいてもセッションを聞いてても新鮮な情報と仕掛けが満載で、仕事を忘れて楽しませていただきました!運営の皆様の情熱に感謝!本当にありがとうございました&おつかれさまでした! https://twitter.com/wordcamposaka/status/1002837859953303552 ブースご来場いただいた皆様もありがとうございました! また次のイベントでお会いしましょう! https://twitter.com/supo48000/status/1004662702059368448

第8回WordBench山口に参加しました!イベントレポート

イベント・勉強会
セッションチーム

第8回WordBench山口(4月7日)に参加しました!イベントレポート

寒さも吹っ飛ぶアツさ!CloudGarage Deep Meetup in Sapporo イベントレポート

イベント・勉強会
たなはる

2018年2月22日(木)に札幌にて「CloudGarage Deep Meetup in Sapporo(以下CDM札幌)」を開催いたしました。寒さも吹っ飛ぶ当日の楽しい様子をご紹介します。

Developers Summit 2018 レポート

イベント・勉強会
たなはる

2018年2月15日(木)・16日(金)に 「Developers Summit 2018」 (以下デブサミ2018)が開催されました。CloudGarageが当日行ったことを含めイベントの様子をレポートします。

ここがすごいよ「技術書典3」イベントレポート

イベント・勉強会
たなはる

10月22日(日)にアキバ・スクエアで開催された「技術書典3」に協賛企業としてブース出展しました。

一狩りいこうぜ!【クリエイティブハント山口】イベントレポート

イベント・勉強会
セッションチーム

2017年10月14日(土)山口大学経済学部(山口県)にて開催されたクリエイティブハント山口で、CloudGarageがセミナー登壇しました。当日のイベントをレポートします。ゴーハント。

Rancher JP 発足 いちねん!! おめでとうございます!

イベント・勉強会
Chen

2017年10月11日(水)に開催された Rancher Meetup Tokyo#10 Rancher Meetup Tokyo #10(祝2.0リリース!1周年記念振り返りスペシャル)のイベントレポートです。

オープンソースカンファレンス2017 Fukuoka イベントレポート

イベント・勉強会
たなはる

2017年10月7日(土)福岡にて開催されたオープンソースカンファレンス2017 Fukuoka(以下OSC福岡)で、CloudGarageがブース出展・セミナー登壇しました。当日のイベントをレポートします。

CloudGarage Release Tour in Fukuoka イベントレポート

イベント・勉強会
たなはる

2017年9月25日(月)に福岡にて開催された「CloudGarage Release Tour in Fukuoka」のイベントレポートです。

WordCamp Tokyo 2017のオススメセッションきいてきた!

イベント・勉強会
いきを

どうも、時短で働くWebディレクターの壱岐尾です。 台風迫る2017年9月16日にWordCamp Tokyoに参加しました。 昨年はじめてNHN テコラスはエクスクラウドで出展し、今年は2回目の参加、ブースはいま一押しのCloudGarage仕様に! https://twitter.com/CloudGarage_PR/status/908856466085355520 今回は中国語&英語の堪能な台湾人のChen(真ん中の女性でっす)もブースに立ってくれたので、こんな張り紙を用意しました。 WordCamp Tokyoは外国人の方も多く集まるイベントなので、結構お声掛けいただくことが多く、特に故郷の台湾からイベントに参加している方々もいたみたいでとても盛り上がっていました。 https://twitter.com/CloudGarage_PR/status/908864390203457537 そして会場なんですが、気のせいでしょうか? 去年よりだいぶ参加者が増えているような・・・ 特に懇親会はすごい盛り上がりでした! WordCampの懇親会は登壇者やLTのスピーカーの方とも気軽にお話できるので、来年参加を考えている方は懇親会へもあわせて参加されることをオススメします! https://twitter.com/CloudGarage_PR/status/908979031755735040 さて、私はブースに立って説明するだけでなく、ブログ更新&WordPressの最新事情のリサーチもお仕事に含まれています。 そこでCAPITAL Pさんのポッドキャストを愛聴しているWordPress好きの中江にオススメされたセッションをきいてきたので、ご紹介します。 ちなみにWordCamp Tokyo 2017のセッションのスライドは公式まとめがあるので、「当日行けなかった」とか「もっぺんスライドをみたい!」という方はチェックしてみてください。 WordCamp Tokyo 2017 セッションのスライドまとめ ダイエット記事から考える 情報発信をする上で知っておきたい科学的根拠のこと / 朽木 誠一郎さん WELQ問題を最初にメディアとして指摘した朽木さん、いまはBuzzFeedで医療ライターとして活躍されているとのことなんですが、とりあえずこのセッションで面白かったのは、 1 .朽木さんめっちゃ痩せとる!!!! 2 .内容WordPress関係ねぇwwwww 必死にWordPressで個人のサイト作ったことをアピールしている朽木さんが印象的でした。 WordPressはあんまし絡みませんでしたが、セッションの内容はひっっっっじょうに素晴らしかったです。 個人の経験や考え(例「私がこれをやったから痩せた」)は科学的根拠ではありませんが、そこに重きをおいて書くことの責任についてちゃんと考えましょうというのがこのセッションの主旨でした。 セッションはBuzzFeedでバスったこちらの記事の内容から始まりました。 100日で12kgのダイエットに成功した「食事制限」と「適度な運動」の10のコツ ダイエット記事に多い、「このサプリがききました」や「○○だけ食べて痩せました」といった個人の経験や考えに基づいた行動ではなく、肥満症治療、糖尿病治療のガイドラインに沿ってダイエットをしてみた本記事。 食べ過ぎを控えて運動することがダイエットの本質ですが、それはつらいのでダイエットと称して極端なことをする記事が多い中、科学的根拠にもとづいて全うにダイエットをした記事でも、やり方次第で読まれるということが証明できたのは本当にすごいことだと感じました。 ではそもそも科学的根拠とは何か? 例えばマウスに人参を与えるとガンが減ったという話があっても、そのあと人参を用いた特効薬が生まれたという話にはすぐにならないように、実験で効果があるとわかった=それが効果的で特効薬ができるっていう話ではなく、多くの段階や検証を経て最終的にそれは効果があるねという結論に達したことが科学的根拠とのこと。 ただ一般の人がそこまで自分で調べて情報を取捨選択をしていくのは難しいため、情報を取捨選択するためのリテラシーが必要になります。 リテラシーとは? 1.まずは疑うこと 自分は疑う力をもっていると思っても、日常の習慣のなかに溶け込んでいる科学的根拠のないものは多いので、そこに気づくことがまず大事 2.信じられる人をみつけること 科学的根拠をすべて一人で調べるのは難しいため、一定の信じられる人をみつける ただ、この人のいうことはすべて正しいと信じるわけではなく、疑う姿勢は持ち続けること 公的機関ならある程度信じられる 3.情報を常に更新すること 将来新しい発見があって、情報が更新される場合もあるため、情報を受取る側も調べて情報をアップデートしていくことが大切 コンテンツを作ったり、情報を発信する一人の人間として、きちんと調べ正しい情報を発信することの責任について改めて考えさせられました。 とくに人の命の関わること、健康系の記事の仕事を今後する機会があれば、もう一度このセッションを見直してから対応したいなと思いました。 Gutenberg が切り開くWordPress の新UX  /  西川 伸一 いま大注目のエディタ、Gutenbergについて、デモや経緯説明などを交えながらのお話でした。 WordCamp Kyotoからとても気になっていたGutenbergですが、やっぱりデモをみると早く使いたくてうずうずしますね!!! Gutenbergの名前の由来は活版印刷を発明したヨハネス・グーテンベルクさんからとっているそうです。 活版印刷の技術によってエリート層が独占していた知識が一般に共有され民主主義に繋がっていった経緯が、WordPressが使命として掲げている「パブリッシングの民主化」を推進するツールであるエディタにぴったりということでGutenbergになったそうです。 「パブリッシングの民主化」をすすめるためにも、みたままに誰でも編集できるGutenbergは非常に重要な役割を果たしていくと感じました。 ただ残念ながらいままで開発してきたReactというJavaScriptのライブラリを権利の関係上使わないことになったので、開発を一部やり直す必要があり、正式な公開は来年に伸びそうです。 懇親会では西川さんも執筆されているCapital Pの宮内さんにGutenbergの裏話も伺えました。 詳しい方々とお話できてより理解が深まったので、ますます完成とこれからの動向が楽しみになりました。 これだけは知っておきたい「Webアクセシビリティ」のこと /  植木 真 https://www.slideshare.net/infoaxia/wordcamptokyo20170916ueki アクセシビリティに関する誤解や制作時に注意することについておの話でしたが、むちゃくちゃためになりました。 アメリカではアクセシビリティに関する訴訟が増加しており、マクドナルドのWebサイトも訴えられているとのこと。 日本でも去年の4月から障害者差別解消法ができ、アクセシビリティは先進国の多くで義務化されています。 また大手企業を中心にアクセシビリティ方針や試験結果を公開するところが増えているとのことなので、アクセシビリティのビッグウェーブに乗らなければ! アクセシビリティについては、「デザインがださくなる」や「文字の大きさ変更ボタンが必要」などの誤解も多く、セッションではそれらの誤解について一つ一つを丁寧にお話いただけました。 詳しくはスライドの9pからご覧ください! セッション内でも紹介されていましたが、WordPressのアクセシビリティについては、植木さんが紹介されていた去年の横田さん、桑田さんによるセッションがわかりやすかったです。 https://www.slideshare.net/sou_lab/wordcamptokyo2016 また実際にアクセシビリティを確保するための基本の10項目については、植木さんの運営しているサイト エー イレブン ワイでも紹介されています。 はじめてのWebアクセシビリティ お話を聞いていて、アクセシビリティを意識したサイト作りをするということは、サイトをわかりやすく設計することにつきるなーと感じました。 そしてセッション後に会場限定のおふざけ動画が流れていて、最後まで楽しませていただきました! 世界で一人しかできない WordPress コアを写経する話 ― 修行の先に見たものとは? / Kite https://speakerdeck.com/ixkaito/shi-jie-de-ren-sikadekinai-wordpress-koawoxie-jing-suruhua-xiu-xing-falsexian-nijian-tamofalsetoha タイトルからもわかると思うんですが、このセッションというかKiteさんがほんとやばい。 毎日のルーティーンでWordPressのコアのPHPファイルを一文字ずつ手打ちで写経するお話だったんですが、 意味がわからなさすぎて、やばい!!! しかもそのやばい行為をもう2回もやり直しているなんてやばい以外のなにものでもない(語彙) そんなKiteさんのやばい写経はこちらのGitHubからご確認いただけます。 写経効果によりMarry Meのプルリクがマージされたとのこと、おめでとうございます!! 写経まじやばいな! 個人的にはメソッドの実行順番をわかるように整理していただいているWordPressコアの見える化は、コアを触る前にみるとすごく勉強になるのではないかと思いました。 写経はHUNTER×HUNTERのネテロ会長の感謝の正拳突き(なるほど)のようなものとのこと。 個々人のペースでルーティーンを行い、成功体験を積み重ねていくことが大切とのことなので、私も自分のできる範囲でのルーティーンとなりそうな何かを探して実践していこうと思います! WordPress in 2018 / Noel Tock 同時通訳セッションでしたが、頑張って英語できいていたため、内容があっているか若干不安が・・・ 私の英語力で理解できたのは以下のようなお話でした。 大きな流れとして、新しい技術やサービスの出現で近年WordPressの果たす機能的な役割が縮小してきたとのこと。 具体的にはいままではプラグインで実現していたようなサービスについて、今後ユーザーはSaaSを利用していくことが増えてきて、WordPressはコンテンツマネージメントやエントリーの機能にフォーカスすることになり、新エディタのGutenbergがそれを加速するのではないかというお話でした。 またホスティング会社が提供しているサービスにも変化があり、各社リソースよりも、ソリューションやフルマネージドのサービスを提供することが増え、それによってサイト構築のためのユーザーの負担が減ってきているとのこと。 こういった変化で今までサービスを提供してきた側は生き残るために新しい情報にキャッチアップしたり、付加価値を提供する必要性がでてきて厳しい戦いになりそうですが、ユーザーは利便性の向上や選択肢の幅が増え、受ける恩恵が増えていくメリットがありそうです。 ユーザー視点ではハッピーですが、サービスを提供する側としては引き続き厳しい戦いになりそうなので、身が引き締まる思いです。 聞けなかったけど、気になりすぎたセッションをご紹介 最後に聞きたかったけど、時間の都合で聞けなかったオススメのセッションも紹介しておきます! https://twitter.com/h2ham/status/908974232687730688 https://twitter.com/miya0001/status/909033495380467714 https://twitter.com/maepon/status/908941941936549889 https://twitter.com/takahashifumiki/status/908977475010551808 思っていたより長いレポになってしまいましたが、それだけ楽しく内容の濃いイベントでした。 最後に、WordCamp Tokyoを運営いただいたスタッフのみなさま、本当にお疲れ様でした! 運営のみなさまのおかげで大変楽しませていただきました! 来年も楽しみにしていまっす!

Rancher Meetup Tokyo #9 イベントレポート

イベント・勉強会
たなはる

2017年9月13日(水)に開催された Rancher Meetup Tokyo #9  のレポートです。

オープンソースカンファレンス2017 Tokyo/Fall イベントレポート

イベント・勉強会
たなはる

2017年9月9日(土)・10日(日)と明星大学にて開催されたオープンソースカンファレンス2017 Tokyo/FallkでCloudGarageがブース出展・登壇しました。出展側ですが、とっても楽しんじゃったのでイベントの様子をレポートします。

リスナーだって、スピーカー!「CloudGarage Release Tour in Okayama 」イベントレポート

イベント・勉強会
たなはる

2017年9月2日(土)CloudGarage(クラウドガレージ)リリースパーティin岡山を行いました。イベント中に話す人は、スピーカーのみという概念が覆されたイベントのレポートです。

NHN テコラス、新サービスのリリースパーティを開催しました

イベント・勉強会
たなはる

先日(2017年7月27日)、NHN テコラスが新ブランド定額型パブリッククラウドサービス「CloudGarage」をリリースしました。それにあわせて、リリース記念パーティを開催したので、当日の様子をご紹介します。

ページトップへ