動画・自由研究
[コラム]

Web開発のためのクラウドサーバー選び

動画・自由研究
クラガレラボチーム

#CloudGarage Advent Calendar 2018 の17日目の記事です。

Web開発をするために必要なものといえば、プログラミングスキルやシステム構成の検討、コーディング運用などアプリケーション特有のものが多く挙がりますが、アプリケーションを載せるサーバーも必要となります。Web開発をする際には、アプリケーションのことだけを考えていれば良いと思われがちですが、サーバーの運用方針の影響を受けることが多々あります。

そこで今回は、Web開発をするためのクラウドサーバー選びについてご紹介していきます。まずは、サーバーの選択肢にどのようなものがあるか確認し、その上でどのようなクラウドサーバーを選択すればいいのか見ていきましょう。

Web開発のためのサーバーの選択肢

Web開発のためのサーバーは、技術が進化するにつれて選択肢が多くなっています。それぞれのサーバー環境を選んだ時、どのようなメリット・デメリットがあるのか確認していきましょう。

– ローカル環境

ここでのローカル環境とは、Windows10やWindows7がOSとしてインストールされているようなPCを指します。誰かのサービスを利用するのではなく、自分のPCにアプリケーションを構築していくため、もちろん申し込みなどの手続きは不要で、すぐにWeb開発を始めることができます。また、自分のPCであるため、Web開発に必要なモジュールやアプリケーションがあれば、すぐにインストールすることも可能です。

一方、PCのスペックには限度があり、大人数がアクセスするようなWebアプリケーションに耐えることができません。その場合には、スペックが高いサーバーへ移行する必要があり、その移行作業に時間を要することもあります。

– オンプレミス環境

オンプレミス環境とは、物理的なサーバー機器を使って構築する環境のことです。サーバー機器を利用するため、OSのインストールなどイチからセットアップする必要があり、インフラに関する知識が必要となります。さらに、サーバー機器を設置する場所にも考慮が必要で、地震や停電などに対応でき、冷却設備も整った専用の設置場所を用意する必要があります。

一方、スペックはローカル環境よりも優れているため、本番リリース後にスペック不足が大きな問題とならない限り、アプリケーションの移行作業は発生しません。また、ローカル環境と同様に、管理者権限も持っているため、社内のIT運用ルールにもよりますが、比較的容易にアプリケーションに必要な環境を整えることができるでしょう。

– レンタルサーバー

ここからはクラウドで利用できるサーバーの紹介に入ります。レンタルサーバーは、ベンダー企業が保有しているサーバーの一部を利用者へ貸出するサービスです。サーバーの基本的な設定は、ベンダー企業が実施済みであるため、利用者が行う必要はありません。ただ、レンタルサーバーを利用するためには手続きが必要であり、サーバーの権限も絞られているため、自分でカスタマイズできる範囲が限られます。さらに、ベンダー企業ごとにサーバーの管理範囲が異なるため、Web開発をしていく中で、うまくいかない場合にはベンダー企業へ都度問い合わせが必要となります。

– クラウドサーバー

こちらもベンダー企業へ利用開始の手続きが必要となりますが、レンタルサーバーよりも自由にサーバーの設定をすることができます。OSやCPUの数、メモリ容量やディスク容量など、開発するWebアプリケーションの規模に応じて、サーバーのスペックを調整することが可能です。また、管理者権限を取得できるサービスも多く、ある程度サーバーのカスタマイズが可能です。

クラウドサーバーの中には、OSをインストールした状態で利用開始するものもあり、その場合にはOSの各種設定など、インフラの基本的な設定を行う必要があります。

– SaaS環境

SaaS環境とは、サーバー機器だけではなく、WindowsなどOSレベルの管理もベンダー企業が実施するサービスです。利用者は、Web開発をすることだけに専念することができます。もちろんインフラに関する構築や運用は不要で、利用開始手続き後には、すぐにコードを打ち込み始めることができます。インフラの運用はベンダー企業が行うため、突発的なメンテナンスやトラブルに巻き込まれる可能性はあります。また、SaaS特有の使い方があるため、慣れるまでには多少時間が必要です。

サーバーを選ぶならやっぱりクラウド

ここまでWeb開発のためのサーバーの選択肢を見てきましたが、構築・運用の容易さや利便性を踏まえると、クラウドサーバーを選択することの方がメリットが多いです。クラウドサーバーの中でも、下記の条件に当てはまるサービスを選ぶようにしていきましょう。

【1. 気兼ねなく作り直しが可能】
クラウドサーバーのメリットは、イチからサーバーを構築する必要が無いというところです。そのため、クラウドサーバーのバックアップを取得していれば、何かトラブルなどが発生したとしても、すぐにバックアップを取得した時点でサーバーを再構築することが可能です。自由にバックアップを取得し、リストアができるサービスは必須ですね。

【2. 検証/本番環境がすぐに作れる】
Web開発では開発した後に検証を行い、バグが見つかれば修正し、正常な動作が確認できた時点で本番リリースを行います。そこで重要となるのは検証するための環境です。本番リリース後も、設定変更が入る可能性は十分にあるため、検証環境と本番環境は分けて構築しておきたいところです。クラウドサーバーでは、環境を分けてサーバーを構築できるサービスを選びましょう。

【3. インフラ環境の設定をすぐに変更可能】
Web開発を進めていく上で、うまくパフォーマンスが出ない、すぐにCPUが100%に張り付いてしまうなど、サーバーリソースの問題が発生する可能性は多々あります。そんな時、クラウドサーバーの設定を変更するだけで、Webアプリケーションの再開発など必要なく、それらの問題に対処することができます。

まとめ

「クラウド」という概念が登場したおかげで、Web開発にとってもこれまで実現できなかったことが、比較的容易にできる時代となりました。クラウドのメリットをサービスに取り込んでいるクラウドサーバーを選び、Web開発にうまく活用していきましょう。

この記事を書いた人

クラガレラボチーム

クラウドガレージのラボチームです。 クラウドに関する様々な情報をわかりやすく発信していきます。 記事にしてほしい情報も募集してますので、どしどしご連絡ください。

オススメの記事

ページトップへ