動画・自由研究
[コラム]

オンプレミスからクラウドへ!移行のメリット・デメリット

動画・自由研究
クラガレラボチーム

現在、企業にとって不可欠となっているITの仕組み。昔は社員が1人1台PCを持つことさえ珍しかったものが、今やそれが当たり前となっただけではなく、何かしらのITシステムを導入していることも多くなってきました。10年経過すれば、その時に最新だった技術は陳腐化し、新しいIT技術が登場してきます。

クラウドも新しいIT技術の1つです。新しい技術に乗り換えるためには、古いものを新しいプラットフォームへ移行していく必要があります。そこで今回は、クラウドとその対極となる仕組みであるオンプレミスを比較し、クラウドへ移行するメリットやデメリットを考えてみたいと思います。

「流行っているから」という単純な考えで意思決定をするのではなく、メリットやデメリットを理解して意思決定の根拠を持ちましょう。そうすることにより何かに迷った時の判断基準となり、事業をスムーズに前に進めていくことにもつながっていきます。

オンプレミスとクラウドとは?

クラウドという考えに触れていると、必ず登場してくる言葉があります。それが「オンプレミス」という言葉です。ここではオンプレミスについて詳しくご説明するとともに、クラウドといっても1つの意味ではなく、大きく2種類の意味「プライベートクラウド」と「パブリッククラウド」に分けることができるので、その2種類の意味も合わせてご説明していきます。

– オンプレミスとは?

オンプレミスは、英語で書くと「on-premises」となりますが、言葉の意味はシステムを構築するためのサーバーなどの機器を、自社内で保有・運用することを言います。クラウドという概念が登場する前、ITシステムを構築するためには、自社内に場所を確保し、サーバーを設置するためのラックを組み立て、そのラックにサーバーやNW機器であるスイッチやルーターを設置する必要がありました。今でも、あなたの会社のどこかにサーバー機器などが設置されている場所があるかもしれません。

– プライベートクラウドとは?

プライベートクラウドとは、自社内でサーバーを保有・運用しながら、1台のサーバーにVMWareなどの仮想化基盤を導入したインフラを構築することにより、1台のサーバーに複数のシステムを構築できる仕組みのことを言います。仮想化基盤を導入することにより、1台のサーバーに生まれるメモリやコアの余りを他のシステムに割り当てることができ、物理リソースを有効活用できるようになりました。

– パブリッククラウドとは?

パブリッククラウドとは、ITベンダーが保有しているサーバーを借り、借りたサーバーの上に自社のシステムを構築していくことを言います。これまでサーバーを触るためには、サーバーが設置されている場所に赴くことが多かったのですが、パブリッククラウドではインターネットさえ繋がっていれば作業を完結させることができます。サーバーを構築する方法も簡単で、多くがインターネット上でサーバーのスペックなどのパラメーターを指定すれば、後はパブリッククラウド上で自動的にサーバーが出来上がる仕組みができています。

オンプレミスとクラウドのメリットとは?

クラウドはオンプレミスよりも後から登場してきたIT技術になりますが、全てクラウドが優れているとは限りません。オンプレミスとクラウドはそれぞれ良い面を持っています。それぞれどのようなメリットがあるのか確認していきましょう。

– オンプレミスのメリット

オンプレミスのメリットとして大きく2点を挙げて説明します。

【1. カスタマイズ性】
オンプレミスの形態では、サーバーなどの機器を自社で保有することになります。そのため、自分たちでサーバーをセットアップしていることもあり、管理者権限も取得していることになります。そのため、社内ルールなどの制約が無ければ、何かに縛られることなく、何でもできる環境が整っています。

ソフトウェアによっては細かくインフラ環境を整えることが求められることもあります。また、セキュリティ面を高めるためにログの保存期間を決めて運用することもあります。パブリッククラウドベンダーによっては、変えられない仕様として利用者はどうにもできないことがありますが、オンプレミスであれば自由に仕様や運用を決めることが可能となります。

【2. ITベンダーの影響を受けない】
パブリッククラウドは、基本的にベンダーのサーバー機器を借りてシステムを運用することになりますが、サーバーが100%稼働している保証はありません。パブリッククラウドは魔法を使っているわけではなく、裏ではパブリッククラウドベンダーの物理的なサーバーが稼働しており、そのサーバーが故障する可能性は十分にあります。そのため、突発的なメンテナンスの通知が利用者に入り、一時的にサーバーを停止する必要がある場合もありえます。

一方、オンプレミスであれば、サーバーの障害対応は自分たち自身が行いますが、メンテナンスのタイミングなどは自分たちでコントロールできます。大企業であればあるほど、メンテナンスのための社内調整は苦労するものです。社内調整を済ませた後にメンテナンスを実施するという手順を踏むことが可能となります。

– クラウドのメリット

それでは、クラウド(主にパブリッククラウド)のメリットとして大きく2点を挙げて説明します。

【1. スピード性】
クラウドはサーバーが欲しいと要望が上がってから、サーバーを構築完了するまでの時間をかなり短くすることができ、ビジネスのスピードを飛躍的に向上することができます。これまでのオンプレミスでは、サーバーを購入する手続きから始まり、ラックへの設置、初期設定、ネットワーク設定などが終わってはじめて、サーバーの構築が完了します。サーバーの調達にも時間がかかるため、サーバー構築までに2,3ヶ月かかることは珍しくありません。一方、クラウドではサーバーの準備はすべて不要で、すぐにサーバーの構築に着手することができます。サーバーの要望を受けてから、その日中にサーバーを払い出すことも可能です。

【2. セキュリティの向上】
クラウドの利用を検討している方の中には、自社の情報が入っているシステムを他社の環境下に置くことに不安があるという声を聞くことがあります。ただ、多くの場合、クラウドを利用することによりセキュリティ面は向上します。クラウドベンダーは、サーバー群をデータセンターと呼ばれるセキュリティを確保した施設に設置・運用しています。データセンターは、入館する際に身分証明書の提示が求められたり、入口はセキュリティゲートが設置されていたり、中への持ち込みを制限していたりするなど、お客様のデータを扱っているため、セキュリティが強固になっています。ここまでのセキュリティを自社内で確保している企業はなかなかありません。

まとめ

オンプレミスには、自社内にサーバーを保有しているからこそのメリットがあり、クラウドには他社のサーバーを利用しているからこそ得られるメリットがあります。企業が属している業種や事業の特性、システム要件、要求されるセキュリティ担保のレベルなど、様々な要素を総合的に見ながら、クラウドへ移行するか、オンプレミスのまま運用を続けるのか判断していきましょう。

この記事を書いた人

クラガレラボチーム

クラウドガレージのラボチームです。 クラウドに関する様々な情報をわかりやすく発信していきます。 記事にしてほしい情報も募集してますので、どしどしご連絡ください。

オススメの記事

ページトップへ