TECH
[CloudGarage]

インスタンスのスペックを変えてみよう。スケールアップ/ダウン機能の使い方

TECH
中津川 篤司

CloudGarageではリソース(CPU/メモリ/ストレージ)を動的に変更できる機能があります。あらかじめ割り当てられているリソースを自由に配分できるのがCloudGarageの特徴ですが、もし運用している中でスペック不足を感じたりしたら、さらに追加できます(スケールダウンもできます)。

今回はスケールアップ、スケールダウンを行う方法を紹介します。

スケールアップ前

今回、最初のスペックは 1CPU / 2GB / 50GB となっています。コマンドレベルで確認します。

CPU数

# grep cpu.cores /proc/cpuinfo | sort -u
cpu cores   : 1

メモリ

# free
              total        used        free      shared  buff/cache   available
Mem:        2041340      118100     1518084         644      405156     1772616
Swap:       2097148           0     2097148

ストレージ

# df -BM
Filesystem     1M-blocks  Used Available Use% Mounted on
udev                985M    0M      985M   0% /dev
tmpfs               200M    1M      199M   1% /run
/dev/vda1         49447M 1663M    47768M   4% /
tmpfs               997M    0M      997M   0% /dev/shm
tmpfs                 5M    0M        5M   0% /run/lock
tmpfs               997M    0M      997M   0% /sys/fs/cgroup
/dev/vda15          105M    4M      102M   4% /boot/efi
tmpfs               200M    0M      200M   0% /run/user/0

スケールアップ

ではこのインスタンスをスケールアップします。スケールアップはインスタンス詳細画面から行います。スケールアップ・ダウンボタンをクリックします。

出てきたダイアログを使って、新しい設定を入力します。今回は2CPU / 4GB / 100GBにします。

最後に確認が出て、実行となります。

スペックの変更が終わって、再度同じコマンドを実行します。

CPU

# grep cpu.cores /proc/cpuinfo | sort -u
cpu cores   : 2

メモリ

# free
              total        used        free      shared  buff/cache   available
Mem:        4039588       90072     3744240         640      205276     3726616
Swap:       2097148           0     2097148

ストレージ

# df -BM
Filesystem     1M-blocks  Used Available Use% Mounted on
udev               1960M    0M     1960M   0% /dev
tmpfs               395M    1M      394M   1% /run
/dev/vda1         99068M 1725M    97328M   2% /
tmpfs              1973M    0M     1973M   0% /dev/shm
tmpfs                 5M    0M        5M   0% /run/lock
tmpfs              1973M    0M     1973M   0% /sys/fs/cgroup
/dev/vda15          105M    4M      102M   4% /boot/efi
tmpfs               395M    0M      395M   0% /run/user/0

ちゃんと変更されているのが分かります。

スペックアップ・ダウンの利点・欠点

インスタンス自体は同じものになるので、SSHなどはそのまま使えます。なお、スペック変更は一度インスタンスを停止しなければいけません。そのため、運用中のサーバで行うのは難しいでしょう。また、ストレージはスペックアップできますが、スペックダウンできませんので注意してください。

スペックアップ、ダウンともに大体5分程度で終わります。ただし、ストレージは新しいストレージ容量1GBにつき1分程度かかるので注意してください。例えば今回のように100GBにした場合100分程度かかることになります。

まとめ

インスタンスを使っている中でスペックの不足感を感じた時に、新しいインスタンスを立てたりせずに今あるインスタンスがそのまま使えるので便利です。ストレージ以外は元に戻すことも可能なので、ぜひ活用してください。

この記事を書いた人

中津川 篤司

株式会社MOONGIFT 代表取締役。CloudGarage、ニフクラ mobile backend、hifive エバンジェリスト。プログラマ、エンジニアとしていくつかの企業で働き、28歳のときに独立。2004年、まだ情報が少なかったオープンソースソフトの技術ブログ『MOONGIFT』を開設し、毎日情報を発信している。2013年に法人化、ビジネスとエンジニアを結ぶエバンジェリスト業「DevRel」活動をスタートした。 Twitter:@goofmint | GitHub:@goofmint | Facebook: goofmint

この記事のタグ

オススメの記事

ページトップへ