TECH

Linuxエディタチートシートまとめ

TECH
中津川 篤司
目次

皆さん、エディタは何を使っていますか。エディタというと宗教戦争を起こしやすいので、気をつけないといけない話です。ローカルのパソコンではVS CodeやAtomなどが人気ですが、サーバにログインした際には別なエディタを使うのが一般的ではないでしょうか。個人的にはEmacs派なのですが、大抵のサーバ用Linuxではデフォルトではインストールされていません。そのためviやnanoを使う人も多いかと思います。

今回はそうした各種エディタのチートシートを紹介します。これを手元に置いておけば、不慣れなエディタであっても最低限戸惑わずに操作できるようになるでしょう。

vi

viは高機能なエディタなので、コマンドもとても多いです。Webブラウザから使うのであればVim Cheat Sheet – 日本語を覚えておくといいでしょう。印刷しておく場合にはPDF版を手元においておくと便利です。

nano

nanoはシンプルなエディタで、画面下にショートカットキーが表示されています。何よりCtrlキーを基本として入力するので、WindowsなどのGUIエディタ風に操作できるのが魅力です。Web版のチートシートはNano text editor command cheatsheet | Codexpediaに、PDF版はこちらにあります。

ed

edはほとんどのLinuxディストリビューション、UNIXでインストールされています。キーバインドが若干特殊ですが、viに似ています(実際には逆で、edがviに影響を与えていますが)ので覚えやすいと思います。Web版のチートシートPDF版のチートシートがそれぞれあります。

Emacs

Emacsは逆にほとんどのディストリビューションでデフォルトインストールされていません。そのため、あえてEmacsをインストールしているということは敢えてチートシートを見ることはないと思いますが…とはいえ、キーバインドが多いので忘れてしまうこともあるでしょう。Web版もありますが、個人的にはSoftware Design社のPDF版がお勧めです。


エディタの使い方によって生産性であったり、開発効率は大幅に変わってきます。誤った操作であったり、操作方法を知らないためにいらいらすることもあるでしょう。チートシートを積極的に活用してスムーズにサーバ操作を行いましょう!

この記事を書いた人

中津川 篤司

株式会社MOONGIFT 代表取締役。CloudGarage、ニフクラ mobile backend、hifive エバンジェリスト。プログラマ、エンジニアとしていくつかの企業で働き、28歳のときに独立。2004年、まだ情報が少なかったオープンソースソフトの技術ブログ『MOONGIFT』を開設し、毎日情報を発信している。2013年に法人化、ビジネスとエンジニアを結ぶエバンジェリスト業「DevRel」活動をスタートした。 Twitter:@goofmint | GitHub:@goofmint | Facebook: goofmint

連載『チートシートまとめ』の記事

この記事のタグ

オススメの記事

ページトップへ