TECH

データベース別コマンドチートシート

TECH
中津川 篤司

WebアプリケーションやWebサービスを開発する際にデータベースは欠かせません。最近ではO/Rマッパーを使うことも増えているのでSQLを直接書く機会は失われているかも知れません。しかし、だからこそSQLを書かないといけない時に手が動かなくなってしまいます。

今回は有名な各種データベースに合わせて、そのチートシートを紹介します。チートシートをブックマークしておけば、いざという時にすぐにSQLやデータベース専用のコマンドを打てるでしょう。

MySQL

LAMPスタックで一躍有名になったデータベースです。Oracleに買収された後、MariaDBなどの派生版も出ていますが、基本的なコマンドは変わりないようです。以下がMySQLのチートシートになります。

MySQL Cheat Sheet

日本語版であれば下記が便利です。

MySQLチートシート – Qiita

PostgreSQL

堅牢で高機能なオープンソースデータベースとして知られるPostgreSQLです。PostGISのような位置情報系を扱う際にもよく利用されます。以下は英語版のチートシートです。

PostgreSQL Cheat Sheet – Download the Cheat Sheet in PDF Format

日本語版は同じくQiitaの下記が便利です。

PostgreSQLコマンドチートシート – Qiita

Oracle

商用データベースとしては最も有名なOracleです。機能がかなり多いので、チートシートもボリュームがあります。下記は英語版です。日本語では良さそうなチートシートがなく、基本は書籍の購入になりそうです。

Oracle Database/SQL Cheatsheet – Wikibooks, open books for an open world

SQL Server

Microsoft社のデータベース、SQL Serverのチートシートです。画像のものもあるのですが、元サイトでは配布をやめてしまったのでPinterestにあるだけです。

PDF

変わったところではFORMAT関数のチートシート文字列関数のチートシートもあります。

MongoDB

NoSQL、ドキュメント型データベースです。位置情報の取り扱いが容易で、地図系サービスやアプリで利用が多い印象があります。以下は英語版のチートシートです。

MongoDBチートシート(PDF)

日本語版では以下が非常にまとまっています。

MongoDBチートシート – Qiita

SQLite3

SQLite3は各プログラミング言語から使えて、あえて別途サーバを立てたりする必要がないファイルベースのデータベースです。英語版のチートシートは以下があります。

SQLite Cheat Sheet

日本語版は以下です。

SQLite3 チートシート – Qiita


データベースが用いるSQLは標準SQL規格があり、方言は大幅に減っています(とはいえ、まだまだありますが)。O/Rマッパーはそうした方言を吸収してくれますが、直接SQLを書く場合にはそうはいきません。最適なSQLを書くため、データベースを管理する際にはそのデータベースに特化した書き方になるでしょう。不慣れなデータベースを扱う際には、ぜひチートシートを使ってみてください。

この記事を書いた人

中津川 篤司

株式会社MOONGIFT 代表取締役。CloudGarage、ニフクラ mobile backend、hifive エバンジェリスト。プログラマ、エンジニアとしていくつかの企業で働き、28歳のときに独立。2004年、まだ情報が少なかったオープンソースソフトの技術ブログ『MOONGIFT』を開設し、毎日情報を発信している。2013年に法人化、ビジネスとエンジニアを結ぶエバンジェリスト業「DevRel」活動をスタートした。 Twitter:@goofmint | GitHub:@goofmint | Facebook: goofmint

この記事のタグ

オススメの記事

ページトップへ