TECH

イメージファイルからインストールする

TECH
中津川 篤司

CloudGarageではあらかじめ各種Linuxディストリビューションが用意されています。しかし、用意されているものだけでは足りなかったり、バージョンの異なるディストリビューションをインストールしたいと思うこともあるはずです。

執筆時点(2018年10月)ではUbuntu16.04LTSまでしかインストールできませんが、すでに18.04がリリースされています。今回はこのUbuntu 18.04LTSをディスクイメージからインストールする方法を紹介します。

イメージファイルをアップロードする

まず最初に管理画面でイメージファイルをアップロードする必要があります。アップロードとは言え、イメージファイルをダウンロードする必要はありません。URLを指定するだけなので、Ubuntuの公式サイトで公開されているURLが利用できます。

管理画面の登録ISOイメージを開きます。そしてISOイメージを取得するをクリックします。

登録イメージ名と、URLを指定します。例えば Ubuntu 18.04であれば http://ubuntu.mirrors.tds.net/pub/releases/18.04.1/ubuntu-18.04.1-live-server-amd64.iso になります。

登録するとリモートでダウンロードが実行されます(作成日のところが準備中になっています)。

しばらく待つとダウンロードが完了し、利用可能になります(作成日が表示されます)。

インスタンスを立ち上げる

イメージファイルを登録したら、インスタンスを作成する際にイメージファイルを指定します。

イメージファイルを使った場合はSSHキーを指定したり、rootパスワードの設定はできませんので注意してください。

インストールする

イメージファイルから立ち上げたらWebコンソールでインスタンスに接続します。インスタンス詳細のコンソール表示をクリックします。

そうするとインストール画面が表示されます。

インストールは通常通りに行います。

インストールが終わったら、ISOイメージのアンマウントを行います。

さらにインスタンスの再起動(強制)を行います。これでインストールは完了です。

サーバに接続する

Ubuntuの場合は初期インストール時点でSSHが立ち上がっています。そこで接続を行いますが、ユーザ名はインストール時に設定したものになります。

ssh ubuntu@(IPアドレス)

ライブラリをアップデートする

まずはインストールされているライブラリのバージョンアップを行います。

sudo apt-get update
sudo apt-get upgrade

ポートを制限する

さらに初期設定はすべてのポートが開放されていますので、ufwで制限します。

sudo ufw enable
sudo ufw allow 22/tcp

公開鍵をアップロードする

さらにパスワードによるSSH接続ではなく、公開鍵をアップロードしておきます。

vi ~/.ssh/authorized_keys
chmod 400 ~/.ssh/authorized_keys

後は自由にサーバをセットアップすれば良いでしょう。


ディスクイメージからのセットアップは自由度が高く、好きなLinuxディストリビューションをインストールできます。Webコンソールを使っての操作は最初は慣れないかも知れませんが、ぜひトライしてみてください。

この記事を書いた人

中津川 篤司

株式会社MOONGIFT 代表取締役。CloudGarage、ニフクラ mobile backend、hifive エバンジェリスト。プログラマ、エンジニアとしていくつかの企業で働き、28歳のときに独立。2004年、まだ情報が少なかったオープンソースソフトの技術ブログ『MOONGIFT』を開設し、毎日情報を発信している。2013年に法人化、ビジネスとエンジニアを結ぶエバンジェリスト業「DevRel」活動をスタートした。 Twitter:@goofmint | GitHub:@goofmint | Facebook: goofmint

この記事のタグ

オススメの記事

 

この記事を読んだ人にオススメのサービス

CloudGarage

クラウドガレージは初期費用なし、月額1,380円から使える定額型のパブリッククラウドです。ローカルSSDによる「超高速」なクラウド環境を直感的なUIとシンプルな価格体系で「超簡単」に利用することができます。クラウド利用をもっとラクにしたい方に!

ページトップへ