TECH
[CloudGarage]

CloudGarageの良いところ

TECH
中津川 篤司

CloudGarageは仮想のサーバを立てる、いわゆるIaaSとしては後進のサービスになります。すでに世の中には多数のIaaSが存在する中、特徴がなければ生き残ることはできません。ということで、今回はCloudGarageならではの特徴を開発者目線で紹介します。

ストレージが高速

これが最大のポイントと言えるかも知れません。ストレージを仮想化して使えるようにしていたり、上位プランにしないと使えないと言ったことはありません。デフォルトで物理的にサーバにつながったSSDが利用できます。

速いのは正義です。ボトルネックになりがちなファイルIOが苦になりません。

リソースを購入して実際の構成は自由に

CloudGarageではまずリソース(CPU、メモリ、ストレージ)を購入します。後はその購入した内容に応じて自由にインスタンスを立ち上げられます。例えば16コア分購入して、16台立ち上げるのか、2コアずつ8台立ち上げるのかも自由です。もちろん8コア + 4コア×2なんて構成もできます。

これが嬉しいのは、企業内の開発部隊の人たちが月額費用などを気にせずにインスタンスの増減ができるということです。一つのインスタンスを立ち上げると料金が変わるので予算が…などといった面倒さはありません。

運用で使う場合においてもWebサーバ、アプリケーションサーバ、DBサーバなど求めるスペックはそれぞれ異なるでしょう。そういった構成も柔軟に設定可能です。

料金が分かりやすい

グローバルスタンダードな流れとしては従量課金制が多いのは確かですが、それだと仕事上(特にクライアントワーク)において面倒なことが多々あります。突発的なアクセス増に対して費用が急激に増したり、新規開発でどれくらいの流入が見込めるか分からない状態だと見積もりも困難です。

国産のIaaSだと月額固定が多いですが、CloudGarageもまた月額費用は固定となっています。ただし前述の通り、インスタンス構成は自由に変更できるというものです。

ロードバランサ付き

デフォルトでロードバランサが付いています。アプリケーションサーバを追加した際などに利用できます。これはプランに関係なく利用でき、異なるプラン同士でもスケーリングなどに役立てられます。

用意されているOS、ソフトウェアがちょうどいい

デフォルトで用意されているOSイメージは以下の6パターンです。Windowsのような特殊なものはありませんが、Webシステム向けであれば十分ではないでしょうか。

  • CentOS (32/64 bit)
  • Ubuntu (32/64 bit)
  • Debian (64bit)
  • Fedora (64bit)
  • openSUSE (64bit)
  • RancherOS (64bit)

さらに独自のディスクイメージをアップロードすることもできます。

あらかじめインストールできるソフトウェアは以下の通りで、こちらは開発者目線のものが多くなっています。

  • Apache2.4/PHP7/MySQL5.7
  • Apache2.4/Tomcat8.5/JDK8/MySQL5.7
  • Ruby on Rails
  • GitLab
  • WordPress
  • Redmine
  • KUSANAGI
  • KUSANAGI + Welcart

nginx がないのが残念ですが、さくっと開発をはじめるのであればApacheの方が楽なのかも知れません。

まとめ

IaaSの多くは機能を細かく分けて、それらを組み合わせて自分の作りたいものを開発すると言った形になっています。それはそれで良いのですが、初見の人からすると分かりづらく、どこを変更したらどうなるのかという繋がりも見えづらくなっています。

CloudGarageはシンプルで十分な機能を備えたIaaSと言えます。とりあえずさくっと使ってみるというのにぴったりでしょう。現在、無料お試しプラン(2コア、メモリ4GB、ストレージ100GB)も用意しています。ぜひ試してみてください!

CloudGarage – クラウドガレージ | 定額型パブリッククラウド

この記事を書いた人

中津川 篤司

株式会社MOONGIFT 代表取締役。CloudGarage、ニフクラ mobile backend、hifive エバンジェリスト。プログラマ、エンジニアとしていくつかの企業で働き、28歳のときに独立。2004年、まだ情報が少なかったオープンソースソフトの技術ブログ『MOONGIFT』を開設し、毎日情報を発信している。2013年に法人化、ビジネスとエンジニアを結ぶエバンジェリスト業「DevRel」活動をスタートした。 Twitter:@goofmint | GitHub:@goofmint | Facebook: goofmint

オススメの記事

ページトップへ